お金を借りる!専業主婦ならどうすれば借りられるの?

 
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン金利が安いことでも有名なカードローンです!担保・保証人不要でもちろん年会費などもありません。銀行カードローンのおすすめとしてぜひ欲しいカードローンですね!

最大ご利用限度額はなんと10万円〜1,000万円!使用用途も原則自由。審査は最短即日・融資は最短即日借り入れ可能となっていますのでいざという時にとっても頼りになるカードローンです!
※もちろん契約審査に通らない場合もありますのでそのときはあきらめましょう。

無職の方はダメですが、主婦の場合はパートやアルバイトなどをしているか、配偶者に収入がある場合には申込出来ます!この場合はご利用限度額が30万円となりますがそれでもとっても助かりますね!

みずほ銀行カードローンはお金にいざ困ったときに頼りになる1枚なのは間違いないですね!

融資可能額 10万円〜1,000万円
即日融資度 評価5
実質年率 エグゼクティブプラン 3.5%〜7.0%
コンフォートプラン 4.0%〜14.0%

 

 

専業主婦でお金を借りるとなると、下記のようにしてキャッシングを申し込んで契約出来ればお金を借りる事が出来ます。

  • 専業主婦でもパートやアルバイトで少しでも自分の収入を持つようにする
  • 夫の収入を申込時に記載して申し込む
  • 総量規制対象外の銀行キャッシングに申し込む
専業主婦でもパートやアルバイトで少しでも自分の収入を持つようにする

毎日2〜3時間でもコンビニやスーパーのパート・アルバイトをしていれば収入があると認められてキャッシング出来る可能性が高まります。パート・アルバイトをしていれば専業主婦じゃないという考えもありますが、今の主婦の方は定職じゃないパート・アルバイトをしているだけだと専業主婦と変わらないと考えているようですね。少しでも定収入があればキャッシングの申込は十分に可能です。

夫の収入を申込時に記載して申し込む

キャッシングの申込時に夫の収入を記載して申し込むことも可能です。ここで考えてしまうのが「夫に連絡が行くんじゃないか」「夫の職場に在籍確認が行くんじゃないか」という不安です。ただこの方法で申し込んだ主婦の方曰く「夫にはまったくばれてない」ということです。キャッシングを借りるのはあくまでも自分なので、保証人でもない夫に連絡が行くのはまず無いと言えますね。ただ申し込むキャッシング会社によっては全くないとも言えませんので事前に聞いておくのが得策ですね。

総量規制対象外の銀行キャッシングに申し込む

たぶん現実的にこの総量規制対象外の銀行キャッシングに申し込むのが専業主婦の方にはおすすめだと思います。総量規制対象外なので収入の有無は申込・審査には実際関係ありません。ただし銀行キャッシングですので審査が比較的厳しいのは否めませんが、審査は総合的に判断されるようですのでそこまで諦める必要はないでしょう。実際に専業主婦の方で銀行キャッシングの審査に受かった方は大勢いますので。

 

ただし、申込時に嘘を書くのは絶対に止めましょう。審査側には身分証明書でほとんどのことが網羅されていますので嘘をつくことがマイナスになることがほとんどで、プラスになることはあり得ません。きちんと正直に申込をして借りれなかったら諦めましょう。

 

また、専業主婦の方でもクレジットカードをお持ちの方は多いと思います。そういう方はキャッシング枠がなくてもショッピング枠は残っていると思います。ショッピング枠を利用してお金を借りることも悪くは無いと思いますので一考してみてください。

 

キャッシングを初めて利用する際の注意点は?

カードローンを利用する際に、審査や融資の申込を家庭にあるパソコンや街の無人契約機で済ます人は多いと思いますが、その場合でも、金融機関や保証会社の審査を通らなければ、サービスを利用することは出来ません。初めて申込をする際にはパソコンに入力するか書類に必要事項をするわけですが、くれぐれも誤字脱字や記入漏れのないようにしてください。これらがあると審査で落とされてしまうからです。他のものの申込でも同じことですし、まさかと思われるかもしれませんが、誤字脱字や記入漏れをしてしまう人は意外に多いそうなので、十分注意するようにしてください。当たり前のことですが、嘘を書いても審査ですぐわかりますから決して嘘は書かないようにしてください。

 

またどんな申込方法でも、本人確認の出来る運転免許証か保険証かパスポート、働いている人ならば源泉徴収票や給与明細を必ず用意するようにしましょう。例え正社員でなく、パートや派遣やフリーターでも(学生でも場合によっては安定した収入があれば可)、勤続1年以上で一定の収入を得られていれば融資は受けられますから、収入を証明する書類は忘れずに用意しましょう。専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、定期預金を一定額以上積んである口座のある銀行のカードローンの利用は可能ですから、本人確認の書類の他に、配偶者の該当の書類や銀行の通帳などを用意して申込をするようにしましょう。また今は金融機関によっては所得証明を出さなくていい所もあるので、よく確認をするようにしてください。

 

銀行ですと個人向けと法人向けの融資の2種類があり、個人向けなら無担保で保証人なしで申し込めますが、法人向けですとどちらも必要なので注意してください。カードローンのサービスを行っているのは、主に銀行と信販会社と消費者金融ですが、この内特に金利の安いのが銀行です。また信販会社と消費者金融は、総量規制の導入により、年収の3分の1以上の融資を受けられないことになっています。銀行には総量規制の適用はありませんが、審査が厳しく時間がかかり、即日融資を受けたい人には不向きです。

 

一方、信販会社はクレジットカードを発行する会社だけに安心感があります。銀行と消費者金融の中間的位置づけと言えるでしょう。信販会社は銀行よりは審査が通りやすく、金利も銀行と同じ位か少し高いだけなので、かなり利用しやすいと思います。消費者金融も審査は通りやすく即日融資も可能なのですが、金利が高いので大口の融資には向いていません。個人の小口の融資により合った機関と言えるでしょう。

 

今は大手を中心に規制も条件の規制もかなり緩和されてきてはいますが、それでも場合によっては借家であることや、固定電話のないことがネックになってしまうこともあるかも知れません。またフリーターや非正規雇用の人よりは、正社員や公務員の方が有利であることも否めません。但し、今は雇用形態に関わらず、勤続1年以上で安定した収入があると判断してもらえれば融資は受けられるそうなので、まだ勤めて1年にならない人で融資を受けたい人は1年立つまで待ってください。返済能力があると認められれば融資は受けられます。

 

近年は多重債務者が社会問題になっているところから、どの金融機関も顧客の他社からの借入状況や件数には神経をとがらせています。大手の会社なら多少他社からの借入があっても融資OKの所もありますが、あまりその件数が多いと金銭感覚がルーズで返済能力が低いと判断されてしまいますから、そんなことにならないよう、CMの文句ではないですが、融資の利用と返済はくれぐれも計画的に行うようにしてください。

 

※このページで紹介しているサイトと当サイトとは一切関係ありません。