お金を借りる!銀行で借りるにはどうすればいいの?

銀行でお金を借りるといっても特に消費者金融と変わりはありません。おすすめの銀行カードローンをご紹介します!

 

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン金利が安いことでも有名なカードローンです!担保・保証人不要でもちろん年会費などもありません。銀行カードローンのおすすめとしてぜひ欲しいカードローンですね!

最大ご利用限度額はなんと10万円〜1,000万円!使用用途も原則自由。審査は最短即日・融資は最短即日借り入れ可能となっていますのでいざという時にとっても頼りになるカードローンです!
※もちろん契約審査に通らない場合もありますのでそのときはあきらめましょう。

無職の方はダメですが、主婦の場合はパートやアルバイトなどをしているか、配偶者に収入がある場合には申込出来ます!この場合はご利用限度額が30万円となりますがそれでもとっても助かりますね!

みずほ銀行カードローンはお金にいざ困ったときに頼りになる1枚なのは間違いないですね!

融資可能額 10万円〜1,000万円
即日融資度 評価5
実質年率 エグゼクティブプラン 3.5%〜7.0%
コンフォートプラン 4.0%〜14.0%

 

 

 

銀行系キャッシングのメリット!クレジットカード付帯でお得に!

クレジットカードが誰のお財布にも1枚位は入っていて当たり前の時代になりましたが、それを活用するしないは別にして、カードにキャッシングの機能もつけている人は結構いらっしゃると思います。まあつけておこうかという感じで、何気なくつけているこのサービスにはどんなメリットがあるのでしょうか。クレジットカードを申し込むと、必ずと言っていい程借入金額の上限についての質問事項がありますが、これが大きなポイントで、例えば50万円と設定すれば、50万円の範囲内でなら繰り返し借入が出来るのです。これは、毎月きちんと返済が出来ることが条件になります。

 

事業資金にするには足りませんが、銀行の法人向けの融資を別にすれば、無担保で保証人も不要ですし、どう使うかは全く個人の自由です。もちろん、上限金額がオーバーしてしまったり、ちゃんと返済しなかったりすれば話の他ですが、日常生活の中でちょっと臨時にお金が要り用だが手元にないというときは助かりますし、計画的に活用すれば実に便利なサービスです。

 

カードローンのサービスを提供しているのは主に銀行と信販会社と消費者金融です。信販会社はクレジットカードの発行や運用に特化した事業、消費者金融はキャッシングに特化した事業を行う会社ですから、申し込むと同時に会員になるという形になりますが、銀行ですと、その銀行に口座がなくてもカードローンのためだけにサービスを利用することも可能です。銀行のカードローンなら、審査が厳しく即日融資は難しいですが、信販会社や消費者金融より金利は安いです。また信販会社や消費者金融と違って総量規制の(年収の3分の1以上は借りられないという決まり)対象外なので、限度額が高く設定されているのもメリットです。

 

また信販会社や消費者金融は銀行より金利は高いですが、審査やカード発行までがスピーディで即日融資も十分可能です。すぐお金が要り用なら信販会社か消費者金融、急ぎでなければ銀行のカードローンに申し込まれるといいと思います。1度設定された限度額は、よほどの問題が起きなければ減額されませんから、決められた通りにちゃんと返済してさえいれば、ずっと同じ金額の範囲で借入をすることが出来ます。

 

今はネット環境も整備されていますから、特に大金でない限りは、家のパソコンや金融機関のATMや無人契約機で人に知られずに借入が出来ますし、返済もATMですることが出来ます。しかも時間外手数料も無料ですし、正社員でなくても勤続1年以上で収入が安定していると認められれば、融資を受けることが出来ます。

 

銀行・信販会社・消費者金融、それぞれに私たちは違ったイメージを持っています。この内、カードローンサービスを行っている会社は殆どが大手なので、その点では安心です。一方消費者金融は過去に問題があった経緯もあり、法律も改正され改善されているとは言え、若干不安があります。とは言え、これもイメージだけの問題かもしれませんが。

 

金融機関によっては指定した普通預金口座が残高不足になっても、カードローン利用限度額の範囲で自動的に立て替えてくれる自動融資機能や、優遇サービスの特典加算対象になることもあります。銀行のカードでもvisaなどのクレジットカードの機能をつければショッピングも楽しめますし、キャッシュカードにクレジットやカードローンの機能をつけることも出来ます。つまり双方向の使い方が出来るというわけです。